2021年10月16日土曜日

実験工作教室「ひみつの小箱」

10月16日(土)の実験工作教室は「ひみつの小箱をつくろう!」でした。


 毎度好評いただいている「ひみつの小箱」、フェライト磁石を使った工作で、磁石の働き、電流のしくみ、音のしくみなど、ちょっとした科学の要素が詰まっています。










みなさんは作品を完成させ、おうちにお持ち帰りいただきました。自分だけのヒミツとオルゴールのメロディを中に入れて、大切に使ってくださいね。


 次回の工作教室もお楽しみに!

2021年5月27日木曜日

パタパタちょうをつくろう!

 5月22日(土)の実験工作教室のテーマは、シート磁石を使って、羽が動く蝶々をつくる「パタパタちょうをつくろう!」でした。







シート磁石は縞(しま)状に磁力がついていて、二枚の磁石を横じまになるように重ねて使います。上の磁石を平行移動させると、反発と吸着の繰り返しでシートが上下にふるえるように動き、蝶の羽を動かすことができます。



子どもたちは、保護者の方や科学館スタッフのサポートを受けながら、オリジナルの作品を完成させてとても満足そうでした。

2021年4月24日土曜日

実験工作教室「イルカのジャンプ!」

 令和3年度、最初の実験工作教室は、「イルカのジャンプ!」です。

 研究工房に集まった子どもたちは、磁石はどんな物にくっつくのか、また、磁石どうしが引き合ったり、しりぞけ合ったりする性質について、実際に試しながら学びました。














 一人ひとりが着磁器を使って自分でフェライト磁石をつくり、海の絵を背景に磁石の性質を利用してボールに向かってジャンプする「イルカのジャンプ!」を作り上げました。
同じ部屋の中で、昨年度の発明工夫展の上位入賞作品を紹介をしました。
今年の発明工夫展のヒントになったかな?

完成!